logo

Top news

Boss ブルースドライバー 端子

?」という疑問に答えます。 この記事を書いてる僕は. ボス オーバードライブ ブルースドライバー 消費電流/13mA(DC9V) 端子/入力、出力、ACアダプター 入力換算ノイズ/-118dBm以下(IHF-A) 寸法・重量/73(W)×59(H)×129(D)mm 400g › もっと見る. See full list on effector-hakase. . カスタム・モードに切り替えると、当然ながらオリジナル機との違いはより一層顕著なものとなる。特にコンプレッション感が一段と強くなった感じで、倍音も充分にあるのだが、決して耳障りなものではない。歪みにより発生した倍音がすぐに減衰して"詰まった"感じになるのではなく、しっかりと粘ってくれる。真空管ギターアンプと同様の気持ちの良い歪みサウンドだ。 ▲ゲインがゼロの設定でも音に十分にハリが加えられるので、ブースターにも最適である。 特にゲインを低めに設定したり、ギター側のボリュームを絞って単音を弾いた時にもコンプレッション感とサスティンが極端に減ることはない。オリジナルBD-2の特徴でもある、ピッキング時の元気の良いアタック感は若干抑えられた感があるので、"サウンドがマイルド"と感じるユーザーも居るかも知れない。ブルース・ドライバーならではの良い意味でのワイルドな"荒さ"と、そこから生み出される特有の自然さを好むのであれば、単純にスイッチを"S"側に切り替えれば済むことだ。あくまでもユーザーの好みと言えるし、単純なスイッチの切り替えだけで、2つの異なるキャラクターを使い分けられるのだから、これは大きな価値があるはずだ。 ▲ドライブの幅も広く、ゲインを上げれば非常にワイルドな歪みが得られる。 ゲインを上げた際にもカスタム・モードならではの特徴がはっきりと表れる。単純にゲインが上がるだけでなく、一段と前に出る存在感のある心地良い歪みサウンドとなるのだ。ゲインを高めに設定し、ギター側のボリューム・コントロールを活かして使うのがお奨めかも知れない。 オリジナル・モデル開発時の、量産品としてのコスト面や設計開発時間の制約を受けず、一切の妥協無く作られたと言う印象で、もしかしたらこれこそがボスのエンジニアが目指していた理想型のBD-2なのかも知れない。 ▲BD-2W 試奏動画. ツマミはLEVEL、TONE、GAINの3つ。GAINを絞り目にして、TONEを上げすぎずに使用すると、適度なコンプレッション、ピッキングの強弱やボリュームにしっかり反応してくれる、ブルース系のソロにぴったりなサウンドが得られます。TONEをうまく調整して歌の邪魔にならないよう設定することで、グランジ、パンク系や昨今のJ-POPにも多い、かき鳴らし系のバッキングにも最適な音が見つかります。 またGAINを上げると、ハードに歪ませることができます。その歪み量はディストーションに迫るほどで、かなり荒々しいロックでも演奏出来ますが、歪みの質はどちらかというとファズっぽいものに近く、あまりスムースな印象を受けないざらついたものなので、ロングトーンを多用するリードギターや、パワーコードで刻んでいくメタリックなハードロックなどには不向きです。 また、ブースターとして利用すると、元々の中高域を強調するその特性のためか、質感をワイルドにしながらのゲインアップを図れます。こちらもまた魅力的な音であるのは言うまでもありません。.

いまや定番どころとして確固たる地位を築いているBD-2ですが、他社の定番機種Ibanez TS-9や、MXR Distortionなどに比べると、ずいぶんと遅く生まれたモデルで、発売は1995年となっています。フェンダー系ツイードアンプ的なサウンドを狙って開発されたペダルであり、粗い歪みにジャキッとした高音が持ち味です。. 2〜ボスBD-2W/VB-2W』 『BOSS "技 WAZA CRAFT"シリーズを再検証 Part. 数あるbossのエフェクターの中でも、ブルースドライバーはロングセラーモデルのひとつです。そんなブルースドライバーはどのような経緯で誕生したのでしょうか。 アンプライクな歪みが求められた.

ぶっちゃけブルースドライバーは とりあえず買っとくだけでも絶対に損はしません 。 逆に助かる場面は数多く体験すると思います。 僕は初心者の方に、最初に買う歪みエフェクターを紹介するなら迷わずブルースドライバーにします。. bossコンパクト・ペダルのスペシャル・エディション。 ヴィンテージな雰囲気と心を揺さぶるクランチな歪みで世界中のペダルボードの定番エフェクターになったブルース・ドライバーBD-2。. BD-2W Blues Driver boss ブルースドライバー 端子 WAZA CRAFT(ブルースドライバー・技クラフト). デジタル方式ではこの音質劣化が飛躍的に改善されており、ディレイ音が生々しいほど原音に忠実だ。しかし自然界の現象のような自然な反響音としては、このリアルさが不自然に感じることもある。ディレイ音が繰り返す度にナマっていく方が、結果的に自然で気持ち良い。それがアナログ・ディレイの魅力だ。本機はBBDを用いたアナログ方式で、名器DM-2がしっかりと再現されている。ディレイ・タイムを遅くして注意深くディレイ音を聞くと、この自然な音質劣化が顕著に判る。"S"と表記されたスタンダード・モードでは、最長ディレイ・タイムからディレイ音の減衰の仕方まで、全てに渉りオリジナルのDM-2と同じだ。ただし他の本シリーズと同様に、厳選されたパーツ類の採用により全体の"しっかり感"や"安定感"といった要素が向上している。ディレイ音の"尻尾"の部分には、圧縮・伸張やノイズ・リダクション的な回路の影響により、僅かではあるがノイズが発生する。このレベルもオリジナル・モデルとは一線を画すもので、だからと言ってアナログならではのウォームさが損なわれることは無い。むしろピュアなディレイ効果が得られる。カスタム・モードの"C"では、最長ディレイ・タイムが2倍以上、つまりデジタル・ディレイのDD-3と同等の800ミリ秒となる。暖か味溢れるディレイ・サウンドを使った、より幅広いサウンド・メイキングが可能だ。さらにステレオでの使用ができる上に、リピート・レイト(ディレイ・タイム)を外部のエクスプレッション・ペダルでコントロール可能。音を出した状態でペダルを操作すれば、アナログならではの特殊エフェクトが得られる。 中古市場を探してオリジナル・モデルを求めるのも良いが、長期5年保証が付いた"技 WAZA CRAFT"シリーズを選択することも現実的だろう。 ▲アナログ・ディレイらしい自然でウォームなディレイ音と減衰感をカスタムモードで再現。 ▲カスタムモードでのショート・ディレイ・セッティング。曲のテンポに合うよう効果を設定することで、リズム・カッティングでの音の広がり感を加える。 boss ブルースドライバー 端子 ※本記事は年7月時点の情報です。 <その他のBOSS/Roland製品関連レビュー> 『ボスのオーバードライブを代表するロング・セラー BOSS SD-1を再検証!』 『ボス ディストーションの原点、BOSS DS-1を再検証!.

上に列挙したようなエフェクターのモディファイが流行しだしてから、そのやり玉として真っ先に使われたのが当時の現行機種Ibanez TS-9であり、次にBOSSのコンパクトエフェクター群でした。年、それを受けて、公式のBOSSがついに自社製品のモディファイ品を扱うまでに至ります。そのシリーズが「技-WAZA CRAFT-」と名付けられた一連のシリーズです。歪みペダルではSD-1と並んでBD-2がその新シリーズの軸として登場しました。 回路構成はOvaltoneのモディファイ品と同じく、フルディスクリートを実現。しかし、単純に回路を変えて別物にしてあるわけではなく、従来のBD-2のサウンドに加えて、カスタム・モードというキャラクターの異なるサウンドを別個に選べる仕様になっています。さらに、そのサウンドキャラクターを切り替えるために、回路構成もそれぞれに最適なものを二つ搭載するというこだわりぶり。. "ビブラート"というエフェクトは、ローランドのJC-120や、初代コーラスのボスCE-1にも装備されていた。実際、ビブラート効果を備えていないフェンダー・ローズなどのエレクトリック・ピアノにCE-1をつなぎ、手元でデプス・ツマミを回しながら、シンセサイザーのモジュレーション・ホイールのように使っているプレイヤーも居た。 実はビブラート効果はコーラス・エフェクトの副産物とも言える。コーラス効果は原音に対してピッチの揺れている、つまり遅いビブラートがかかった音をミックスすることで"多重感"を生み出している。BBDという遅延素子のディレイ音に変調(モジュレーション)をかけることでピッチを揺らすという手法だ。 コーラス効果から原音を抜いてしまえば残るのはピッチが揺れている音、つまりビブラートのかかったサウンドになるわけだ。そしてさらにビブラートらしく聞こえるように変調の速さやピッチの揺れ幅を合わせてやれば、ビブラート・エフェクトの誕生となる。 JC-120やCE-1では常にダイレクト音がミックスされた状態で鳴るのだが、VB-2では原音を完全にオフにして、ビブラート効果のかかった音だけが出るようになっている。それがビブラート専用のエフェクターとして、他に類を見ない存在となっているのだ。. オリジナルのブルースドライバーでも十分に使えます。 逆にこの価格帯で、 これだけ守備範囲が広く使えるのは、 boss ブルースドライバー 端子 名機と呼ぶにふさわしいエフェクターかと。 あとペダル自体で必要以上に、 出音がスポイルされないので、弾き手の力量がモロにでます。. bossのブルースドライバー「bd-2」です。 特にクランチな歪みにこだわったオーバードライブ。 ギターのボリュームや、ピッキング・ニュアンスで、クリーンから心地よい圧縮感のサスティンまで表現。. boss|ブルースドライバーの商品詳細ページ。 ネットモールは、全国で中古品を扱うハードオフコーポレーションの公式総合中古通販サイトです。 当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。. 「BOSSのブルースドライバーって有名なエフェクターだけどよく知らないなぁ。買ってみたいけどカッコよく使いこなせるかな. ボス オーバードライブ ブルースドライバー BOSS BD-2 Blues Driver オーバードライブ ギターエフェクター DC IN端子 ドライブ・サウンドの可変域も広く、クリーン・ブーストから激しいオーバードライブまで幅広いサウンド・メイクが可能です。.

エフェクターの世界にも定番モデルと知る人ぞ知る隠れ名機があります 今回の記事は前者でしょう。 ギタリストなら一度は目にしたことのある超定番エフェクター、BOSS BD-2/Blues Driver ブルースドライバーをレビューしたいと思います!. BOSS BD-2 Blues Driver オーバードライブ ギターエフェクター 真空管アンプさながらのドライブ・サウンド。 Blues Driverというネーミングは、多くのギタリストのルーツでもあるブルース・ミュージックが持つ抑揚感をイメージして名付けられました。. BOSS Blues Driver BD-2筐体の色の通りブルース・ドライバーと書いてあります。果たしてブルースの音は出るのでしょうか。初心者にもおすすめするギターエフェクターの歪み系のレビュー。. スタンダード・モードではエフェクトの効果だけでなく、各コントロール類の動作もオリジナルと同様だ。ただし基本的な回路設計の大幅な見直しにより、ローノイズ化され、よりクリアなエフェクトが得られるように感じる。ビブラートの深さ、つまりピッチの揺れ幅をコントロールするデプス・ツマミや、アンラッチ・モードでエフェクト・オンからビブラート効果を徐々に増やす、ディレイ・ビブラート的な効果を得るためのライズ・タイム・コントロールなどもオリジナルそのままに効いてくれる。 ▲スタンダード/ラッチ・モードでのエフェクトの掛かりが緩やかなセッティング例。カスタム・モードへ切り替えると掛かりが深くなる。 仕様上の大きな違いとしては、バイパス・モードにした際にもエフェクトがすぐにかかるようになり、事実上ラッチ・モードと同じように使用可能になったことだ。ラッチ・モードの場合、入力された信号はエフェクトをオフにしても常にBBDを使った回路を通過するため音質が劣化してしまう。この部分もグレードアップされた回路設計により、オリジナル機より大幅に改善されているのだが、エフェクト・オフ時の原音を大切にするならバイパス・モードで、スムーズなエフェクトのかかりを望むのであればラッチ・モードと言ったところだ。しかし実用上大きな差は無いように思える。もう一つ追加された機能として、別売の外部エクスプレッション・ペダルによるデプスのペダル・コントロールだ。これにより演奏中のビブラート・エフェクトのリアルタイム・コントロールの自由度が大幅にアップする。 ▲スタンダード/ラッチ・モードでのエフェクトの掛かりが深いセッティング例。 ▲アルペジオなどの単音弾きでユニークな効果を生み出すセッティング例。.

クランチ・セッティングでのブルース・ギターから、ゲインを上げてのハードなロック・サウンドまで多彩に使えるオーバードライブ。 主な仕様. SD-1がデビューしたのは、伝説のOD-1オーバードライブのデビューから4年後の1981年。以来、現在でもレギュラー・モデルとして35年にも亘るロングセラーとなっている。そのSD-1を"技 WAZA CRAFT"シリーズとしてカスタマイズしたのがSD-1Wである。あくまでもオリジナルのSD-1を基本にグレードアップしており、現在でもSD-1を愛用しているファンもにとっては、非常に興味深い商品だ。. 5時間 boss ブルースドライバー 端子 アルカリ電池:約44時間 ※使用状態によって. boss bd-2 ブルースドライバーは1995年に発売された。 私フカジが初めてbd-2の音を聴いたのは20年ほど前、エロいチョーキングを得意とする友人ギタリストr君からだった。 r君は 「これクラプトンの音がする」 といって発売されたばかりのbd-2の音を聴かせて. で探す 石石橋楽器で探す.

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo! 今回紹介するペダルは、BOSSのBD-2 Blues Driver(ブルースドライバー)です。 オーバードライブといえば黄色の筐体が多い中で、こいつだけは異色の青色。 BD-2は平成に発売されたBOSSの歪みペダルの中では、最も定番化したと言っても過言ではないペダル。. bossコンパクト・ペダルのスペシャルエディション、waza craftシリーズ。 ヴィンテージな雰囲気と心を揺さぶるクランチな歪みで世界中のペダルボードの定番エフェクターになったブルース・ドライバーbd-2。. ご視聴ありがとうございます!BOSS OD-3 to/2OXU7TiBOSS BD-2 まさかの他社製エフェクターとのコラボで生まれた Angry Driver2.

本機には他のシリーズ同様に"S"と表記されたスタンダード・モードと、"C"というカスタム・モードが切り替えられる。まずはオリジナル機を忠実に再現したという"S"のモードと、ノーマルのBD-2を比較してみた。たしかに基本的なサウンドのキャラクターや、コントロール類の効き方などは全く同じと言えるが、ディスクリート回路の採用などによる歴然とした違いがある。まずコンプレッション感が増しており、アタックは適度に抑えられ、代わりにサスティンや音の粘りがしっかりとした感じになっている。上質なチューブ・アンプの歪みと言った感じで、たとえばトーンを絞った状態で9thなどのハイテンション・コードを弾いても音の濁りは少なく、音のツブ立ちが良くピッチ感がはっきりしている。 ▲音の粒立ちや輪郭を活かしたセッティング。音の分離も良くコード・プレイにも最適。 ブライトな音質に設定しても、歪みサウンドのツブの荒さは抑えられ、元気の良さはそのままに良い意味で洗練されたものとなっている。ゲイン・コントロールを上げた時や、絞った時、さらにギター側のボリュームを変えた際でもこの特徴は顕著だ。最終的にはユーザーの好みになるのかも知れないが、そこには"進化"があると言う印象だ。. 1960年代から70年代、当時のギタリストが"ディレイ"効果を得るには、高価なテープ・エコーに頼るしかなかった。それがエフェクターとして軽量・コンパクトで、しかも手の届く価格で登場したのだから、ギタリストは驚愕し飛び付いた。それがアナログ・ディレイだ。 ところが、より高音質・高性能なデジタル・ディレイの登場と、アナログ・ディレイの主要パーツであるBBDの供給が危ぶまれたこともあり、やがて姿を消していくこととなる。それでもアナログならではウォームなサウンドが、音楽的で気持ちが良いということで、中古市場ではプレミアムが付くほどの人気がある。この"ウォームなサウンド"は、ディレイとしての性能がデジタル方式に比べてアナログの方が劣っていることが起因している。ディレイを発生させている主要パーツは遅延素子のBBD(Bucket Brigade Device/バケツ・リレー素子)で、言葉の通り大勢でバケツ・リレーをすることで信号を遅らせるものだ。人数が多いほど遅れる時間、つまりディレイ・タイムは長くなるが、リレーしている間に溢れる水の量も増える。それが音質の劣化となって表れる。バケツに入れられる水の量に限りがあるように、音の全帯域やダイナミック・レンジの全てを扱うことはできない。このために信号を圧縮(コンパンド)して遅らせてから、最後にそれを伸張(エクスパンド)する方法を取るが、これも音質劣化の要因となる。そして"やまびこ"のように、反響音では"遅れた音の繰り返し"が必要となる。これには遅れた音を再度遅らせることよって"繰り返し"を発生させるのだが、繰り返す度に音質劣化も繰り返されることとなり、どんどん"ナマった"音になってしまう。これがディレイ機能の性能ということになる。. . BD-2人気の理由として、まず第一にその万能性があります。ブルースドライバーという名の通り、ブルースに使うも良いですし、ゲインを上げると、軽いディストーションと呼べるぐらいまで歪むので、そこそこハードなロックでも大丈夫です。また、後段のアンプやエフェクターをプッシュするためのブースターとしても活躍します。ニルヴァーナの故カート・コバーンはBOSSのディストーションの前段にこのBD-2をブースターとして使い、あの破壊的な音を作り出していました。この普及品の価格帯でここまでの万能性を誇るモデルは、他にはほとんど存在しません。 次に、その表現力が挙げられます。最近では高価なハンドメイド系のブティックペダルが山のようにありますが、どのペダルにしても「真空管アンプのような」「ピッキングによく追従する」といった表現で、サウンドの良さが語られます。BD-2はこの比喩表現がそのまま当てはまります。ピッキングの強弱に歪みが追従するので、弱く弾くと軽く小さな音、強く弾くとしっかりと歪んだ大きな音という風に、ピッキングの強弱に敏感に反応し、それをそのまま演奏に活かすことができます。これは元より良いアンプの特性の一つですが、それを明確にエフェクターで実現したのもBD-2が最初ではないでしょうか。 BD-2を. 1〜ボスSD-1W/DM-2W』 『ベーシスト注目のボス・コンプレッサーBOSS BC-1Xの性能に迫る』 『ボス、話題のBOSS SY-300ギター・シンセサイザーをベースで使う』 『ボス・ハイゲイン系エフェクター BOSS MT-2/ML-2/MD-2を比較検証!』 『ローランド・ジャズコーラスにステレオ入力対応のROLAND JC-40が登場』 『自宅でのギター演奏がさらに楽しくなるローランド・ギターアンプROLAND CUBE-Lite』 『ボスGTシリーズのコンパクトなデスクトップ・モデルBOSS GT-00. boss ブルースドライバー 端子 comがお届け する試奏/デモ動画コンテンツです。今回は、BOSS BD-2 ブルースドライバーのご紹介. ボスのアナログ・ディレイの名器、DM-2が生産終了になって30年以上が経過するが、その人気は衰えることがない。中古市場では、発売時の価格(24,800円)と同等かそれ以上の値段で取り引きされているほどだ。その"幻の名器"が、"技 WAZA CRAFT"シリーズとして復活した。当然ながら本シリーズならではの、こだわりの回路設計とクラフトマンシップを注ぎ込んだ上質なものに仕上がっている。音楽的な暖か味を備えた最新のアナログ・ディレイとは. これはbd-2ブルースドライバーをbossがセルフモディファイした現代的なモデルとなっていて、 通常のブルースドライバーサウンドと、現代版modサウンドの2種類を切り替えて使えるようになっています。.

bossコンパクト・ペダルのスペシャル・エディション。 ヴィンテージな雰囲気と心を揺さぶるクランチな歪みで世界中のペダルボードの定番エフェクターになったブルース・ドライバーBD-2。 bossの 定番中の定番 、ブルースドライバーの「技クラフト」版になります。 クランチとしてもブースターとしても、 何にでも使える という言わずもがなの製品です。 が、今まで使ったことがないという事実に悶々としていたので手にした次第。. さて、中はどんなになっているのでしょうか。まずは裏蓋をとってみました。 すごいびっしり・・・笑. 以前は「無いと困る」でしたが、今は「あったら便利」な、自分のサウンドの「核」となるペダルです。BOSS Blues Driver. カスタム・モードの方は明らかにオリジナルSD-1の進化形・発展形だ。長年に亘り積み上げられたボスの高い技術力をフルに活かし、まさにオーバードライブ・エフェクターの"理想型"となっている感じだ。 オリジナルのキャラクターはそのままに、ゲインは若干高くなり一段とハードな歪みまでをカバーする。またワイドレンジ化されたサウンドは、ギター側のボリュームを絞っても音痩せしないし、ピッキングのニュアンスも忠実に再現してくれる。粘りのあるサステインも魅力的で、全てに渉り実に気持ちの良い弾き心地だ。最近ではモデリング・アンプなどを始めとして、ギターアンプで歪ませた自然なサウンドが主流となっており、エフェクターもその方向性を打ち出したモデルが多いようだ。しかし本機はあくまでも本来の"オーバードライブ・エフェクター"にこだわった、つまりミッドレンジが強調された味付けで、その意味では"脚色されたサウンド"が基本となっている。実用上の使い勝手を考えると、この脚色されたオーバードライブ・サウンドの方が使い易いとも感じられる。それがオリジナルのSD-1がロングセラーを続けている理由であり、それをさらに磨き上げた本機は、とても魅力的な1台だ。 ▲カスタムモードでのセッティング例。OD-1に近いサウンドになるようトーンを10〜11時に設定し、ややドライブを効かせてSD-1らしいミッドレンジの強調したオーバードライブ・サウンドを再現。 ▲アンプやエフェクターで歪ませた状態で、ブースターとして使用するためのセッティング例。レベルをフル、ドライブをゼロ、トーンを10〜11時にそれぞれ設定。音圧と張りが程良く加わり、クリーン・ブースターとして効果を発揮する。 BOSS DM-2W Delay 価格=オープンプライス. bossのオーバードライブ3機種の中では、ブルースドライバー「bd-2」のダークな雰囲気とスーパーオーバードライブ「sd-1」のカラッと明るい雰囲気との、ちょうど真ん中を狙ったバランスの良いサウンドになっており、ピッキングやボリュームの操作が反映さ. 現在では入手困難で高値で取り引きされているボスの名器「OD-1」は、"オーバードライブ"という名を冠したコンパクト・エフェクターの草分け的な存在である。大ヒットしたモデルなのだが、多くのユーザーからトーン・コントロールを装備して欲しいという要望があった。そこでボスではトーン・コントロールを備えたモデルを、後継機の"OD-2"として置き換え商品にするのではなく、OD-1と同じ黄色のボディ・カラーを継承しながらも、"SD-1"スーパー・オーバードライブとして、2つのモデルを両立させようとした。 このSD-1の発売から4年後の1985年に、OD-1は後継機の「OD-2ターボ・オーバードライブ」へとバトンタッチした。その後「OD-2R」から「OD-3」へと進化して今日に至るのだが、SD-1はそのまま現行モデルとして現在でも高い人気を博している。これはOD-1のサウンドを求めるギタリストが今でも数多く、そのニーズに応える商品がSD-1しか存在しないためだろう。両者の回路図を見ると、非対称の歪み波形を生み出す特徴的な回路を始め、基本的な回路構成がOD-1そのものに近いことが判る。ボスの"オーバードライブ"が初代モデルにして高い完成度を備えていたことになるし、ユーザーの求めるギター・サウンドが普遍であると言うことかも知れない。. BOSS ( ボス ) BD-2 Blues Driver 心を揺さぶるブルージーなオーバードライブ ギターのボリュームや、ピッキング・ニュアンスで、クリーンから心地よい圧縮感のサスティンまで表現。. さて、先日公開した改造の第二弾ですね。今回もBOSSのBD-2(Blues Driver)をkeeleyのMODに改造していきます。はじめは第二弾で終わらせようと思っていたのですが、シルバーマイカコンデンサとスイッチを買い忘れたのでその3まで続きそうです・・・.

boss bd-2 ブルースドライバー こいつは鉄板でずっと愛用してきたのですが、最近ハムバッカーのギターを購入してから、少し疑問が出てきています(笑)このブルースドライバー、ピックアップパワーの弱いシングルコイルとの相性は抜群なのですが、ハムバッキングのギターだと少々固い音の. 電源:006p(1個)、acアダプター(psa-100) 消費電流:13ma(dc9v) 端子:入力、出力、acアダプター.